利用規約

Quiléle 利用規約

第1章 総則

第1条(目的)Quiléle(以下「キレル」)のお客様に対する商品の販売または役務の提供に際し、後日の紛争を防止し、安全と円滑を実現することを目的として、次条以下の規約(以下「本規約」)を定めます。
第2条(定義)本規約で用いる用語の定義を次のように定めます。
① 「サービス」とは、キレルが行う商品の販売または役務の提供をいいます。
② 「お客様」とは、キレルのウェブサイト上でサービスの申込をし、またはしようとする人をいいます。
③ 「契約者」とは、キレルとの間でサービスを利用する契約を締結したお客様を言います。
第3条(契約者に対する規約適用)契約者は規約に同意するものとし、同意しない場合には当サービスの利用を認めないものとします。
  2  キレルと契約者との間の契約につきましては本規約を適用します。
  3  キレルは、契約者の承諾を得ることなく、規約を変更及びサービスの変更・廃止をすることができるものとし、ホームページ上に改定後の規約を掲載することにより、契約者が規約を変更及びサービスの変更・廃止に同意したものとみなすものとします。

第2章 契約の締結

第4条(契約締結の方式)契約の締結は、キレルがサービスを利用するための申込方式としてウェブサイト上に定める方式に基づき、お客様が次に掲げる事項を入力して申込をなされるものとします。
① 申込をするサービス
② 氏名
③ 住所
④ 電話番号
⑤ メールアドレス
  2 キレルは前号の申込に対し、相当な期間内に承諾または不承諾の回答を発します。
  3 キレルはお客様の契約申込に対し、承諾する義務を負いません。
第5条(契約締結時期)キレルが前条2項の承諾を発したときに契約が締結され、その効力が発生するものとします。
  2 契約締結後の申込の撤回はできません。

第3章 外部への委託

第6条(外部への委託)キレルはサービスの準備及び提供や発送、代金の決済、ウェブサイトの維持保全等の必要のため、業務を外部に委託できるものとし、契約者はこれを承認したものとみなします。

第4章 サービスの利用及び費用

第7条(本サービス利用及び代金支払い等)契約者はキレルと契約を締結したサービスを利用することができます。
  2 契約者は、キレルが本サービスの代金支払いのためにウェブサイト上に定めた決済方法により、サービスの代金を支払う義務を負います。
  3 キレルは契約者がサービスの代金を支払うまで、サービスの提供を拒むことができます。
  4 契約者は、サービスを利用するために発生する送料、振込手数料、決済代行手数料その他費用を支払う義務を負います。
  5 契約者はサービスを返品することができません。ただし、サービスの不具合を理由とする場合はこの限りではありません。
  6 サービスの内容及び代金、引き渡し時期、方法及び費用、決済方法及び費用等はウェブサイト上に表示するものとします。
  7 サービスを利用できる契約者は日本国内に配送可能な現住所を置くもののみとします。
第8条(サービスの評価)契約者は、キレルがウェブサイトで定める方式に基づき、利用したサービスの評価をすることができます。
  2 キレルは、前項の評価が著しく不当であると判断した場合は削除することができます。
  3 契約者は1項の行為をするための費用を負担しません。
第9条(掲示板の利用)契約者は、キレルがウェブサイトで定める方式に基づき、ウェブサイト上の掲示板に文章の書込みや画像の貼付けを行うことができます。
  2 前項の行為は、次に掲げる事項に該当しないと認められる限りですることができます。
① キレルの名誉または信用を害し、あるいは誹謗中傷するもの
② キレルの特許権、実用新案権、著作権、意匠権、商標権その他知的財産権を害するもの
③ その他キレルの権利または利益を害し、あるいは営業を妨げるもの
④ 第三者プライバシー、名誉または信用を害し、あるいは誹謗中傷するもの
⑤ 第三者の特許権、実用新案権、著作権、意匠権、商標権その他知的財産権を害するもの
⑥ その他第三者の権利または利益を害するもの
⑦ 公序良俗に反するもの
  3 キレルは前項に反する書込みを削除することができます。
  4 契約者は1項の行為をするための費用を負担しません。
第10条(権利の処分の制限)第6条から前条までの規定により契約者の有する権利を第三者に対し、譲渡、賃貸、担保権の設定その他処分することはできません。

第5章 契約の終了

第11条(契約の終了)契約者及びキレルが第6条に基づいて有する権利及び義務は、債務が履行されたときに消滅します。
  2 契約者及びキレルが第7条に基づいて有する権利及び義務は、債務が履行されたときに消滅します。
  3 契約者及びキレルが第8条に基づいて有する権利及び義務は、期限の定めのないものとします。
  4 キレルは前項の権利及び義務をいつでも消滅させることができます。この場合、キレルは契約者に対し、損害賠償義務を負いません。
第12条(解除)キレルは、契約者に対し差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分、破産手続開始の申立て、民事再生手続開始の申立てがあったときは、前条の規定にかかわらず契約者との契約を解除することができます。
  2 長期の不在、受取拒否その他の事情により、最初の配送から1か月以上経過しても商品を受領していただけない場合、キレルは契約者との契約を解除することができるものとします。
  3 キレルは、前2項に定める他契約者の信用に著しい不安が生じたときも契約者との契約を解除することができます。
  4 第1項ないし第3項の解除には、何ら通知催告手続きを要しないものとします。

第6章 使用機器及びウェブサイト

第13条(必要機器の準備)契約者は本規約上の権利を行使するため、コンピューター機器、ソフトウェア及び通信機器その他必要機器を自らの負担で準備するものとします。
  2 キレルは前項の必要機器の準備につきいかなる責任も負いません。
第14条(利用制限)キレルは次に掲げる事項に該当するとき、契約者がウェブサイトを利用することを制限することができます。
① ウェブサイトの運営に必要な保守作業を行うとき
② 契約者または第三者によるウェブサイトの利用により、コンピューターウィルスその他侵害が発生し、契約者、キレルまたは第三者に損害が発生するおそれがあるとき
③ 前号の他、契約者、キレルまたは第三者の利益を保護するため、必要があると判断したとき
2 キレルは前項の利用制限により契約者に生じた損害につき、賠償義務を負いません。
第15条(利用取引の停止)契約者がサービスを利用するにあたって、以下の事項に該当する行為を行った場合には、サービスの利用を停止します。
① 契約者が本規約に違反する行為を行ったとき
② 契約者が、過去に本契約に違反する行為を行い、サービスの利用を制限されていた事実が判明したとき
③ 違法な目的、または公序良俗に反する目的でサービスを利用したとき
④ その他キレルがサービスの運用を停止することが望ましいと判断する行為が行われたとき
第16条(不保障)キレル、キレルのサービスに協力する企業またはキレルウェブサイト上の広告企業は、次に掲げる事項につき、保証をし、あるいは債務を負うことはありません。
① ウェブサイトが常時または永続的に使用できること
② ウェブサイトへの通信が正常であること
③ ウェブサイトの情報が事実であること
④ サービスが通常有すべき以上の品質を有すること
⑤ サービスが契約者の要求を満たすこと
⑥ その他約していないこと

第7章 情報管理

第17条(情報提供)キレルは契約者に対し、契約者の第4条1項の申込に添えられた住所、電話番号またはメールアドレスに宛てて、サービスの提供に必要な連絡、広告その他情報提供を発信することができます。
  2 前項の発信は、キレルの営業に支障のない限り、契約者の希望する方法によって行います。
第18条(申込事項の変更)契約者は第4条1項の申込に係る事項に変更が生じたときは、キレルがウェブサイト上で定める方式に基づき、直ちに入力してキレルに連絡するものとします。
  2 契約者が前項の連絡がなされないために被った損害につき、キレルは責任を負いません。

第8章 情報保護

第19条(保護義務)キレルは、法令に基づき、お客様の個人情報を保護します。
第20条(利用範囲の限定)キレルは、お客様の個人情報をサービス提供目的に必要な範囲を超えて利用しません。
第21条(利用範囲を超える場合の同意)キレルは前条にかかわらず、サービス提供目的と合理的に関連する限りで、その達成に必要な範囲を超えてお客様の個人情報を利用することがあります。この場合、お客様の同意を得るものとします。
第22条(公益上の例外)以下に該当するときは前2条の規定にかかわらず、お客様の同意を得ることなくサービス提供目的に必要な範囲を超えてお客様の個人情報を提供することがあります。
① 法令に基づくとき
② 人の生命、身体または財産を保護するために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることができないとき
③ 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難なとき
④ 国または地方公共団体の委託を受けた者の法令上の事務に協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を来たすとき
第23条(適正な取得)キレルは不正の手段をもってお客様の個人情報を取得しません。
第24条(利用目的変更の通知または公表)キレルはお客様の個人情報の利用目的を変更した場合は公表または通知します。
  2 以下に該当するとき前項の規定は適用されません。
① 法令に基づくとき
② 人の生命、身体または財産を保護するために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることができないとき
③ 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難なとき
④ 国または地方公共団体の委託を受けた者の法令上の事務に協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を来たすとき
第25条(正確性の確保)キレルはお客様の個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。
第26条(安全管理)キレルはお客様の個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止その他安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
第27条(従業者の監督)キレルは、キレルの従業員がお客様の個人情報を利用するにあたり、個人情報の安全管理のために必要かつ適切な監督を行います。
第28条(委託先の監督)キレルはお客様の個人情報の取扱の全部または一部を委託する場合は、その個人情報の安全管理が図られるよう受託者に対する必要かつ適切な監督を行います。
第29条(第三者提供の制限)キレルはあらかじめお客様から同意を得ることなくお客様の個人情報を第三者に提供しません。
  2 以下に該当するとき前項の規定は適用されません。
① 法令に基づくとき
② 人の生命、身体または財産を保護するために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることができないとき
③ 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難なとき
④ 国または地方公共団体の委託を受けた者の法令上の事務に協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を来たすとき
第30条 キレルは第17条から前条までに定める他「個人情報の保護に関する法律」に基づき、お客様の個人情報を保護します。

第9章 その他

第31条(代金の遅延措置)契約者がサービスの利用代金の支払いを14日経過しても行われない場合、キレルは、そのサービスを取止め、キャンセル扱いとすることができます。
第32条(その他の損害賠償請求権)キレルは、契約者が本規則の違反その他契約者の責に帰すべき事由により被った損害につき賠償請求することができます。
第33条(解除と損害賠償)キレルは契約を解除した場合であっても、前2条の規定に関する損害賠償請求をできるものとします。
第34条(契約者の損害賠償請求権)契約者は自己責任においてキレルのサービスを利用するものとし、契約者がキレルのサービスの利用により被った損害につき、損害賠償請求をすることができません。
  2 キレルの故意または重過失により契約者が損害を被ったときは、キレルはキレルの行為から直接生じた損害の実額を限度として賠償することがあります。
第35条(不可抗力による免責)キレルは地震、津波、台風、竜巻、大雨、洪水、自然火災、伝染病その他の自然災害、戦争、テロ、暴動、ストライキその他社会的災害または事件、航空機、鉄道、船舶その他交通機関の事故及び故障等不可抗力に起因してサービスの提供が不能もしくは遅滞した場合であっても、責務不履行の責任を負いません。
第36条(その他)契約者とキレルとの法律関係につき、本規約に定めがない事項については日本法に基づき決するものとします。
第37条(専属的合意管轄裁判所)契約者とキレルとの間の訴訟については、キレル所在地を管轄する地方裁判所を以って第一審の専属的合意管轄裁判所とします。